「行動し、体験し、思索する」をモットーに 

全日本学生文化会議

「行動し、体験し、思索する」をモットーに活動する、全日本学生文化会議です。
日本の歴史と伝統、国柄やアイデンティティーを踏まえ、大学生の立場から外交や教育問題などに取り組んでいる全国的な学生のネットーワークです。
拉致被害者救出のための活動や日韓で拉致問題を解決するための韓国遊学を行うほか、普天間飛行場移設問題や尖閣諸島問題について見識を深める沖縄遊学、英霊顕彰事業「殉国沖縄学徒顕彰祭」「大東亜戦争戦歿全学徒慰霊祭」を斎行しています。
明治維新の志士の足跡を辿る歴史探訪や皇室と国民のドラマを取材する聖蹟調査、皇居勤労奉仕などに取り組んでいます。

お知らせ

「第31回土光杯全日本青年弁論大会」にて本会事務局長の椛島明実が最優秀賞を受賞


    
本年1月10日に開催されました「第31回土光杯全日本青年弁論大会」(主催:フジサンケイグループ)にて、本会事務局長の椛島明実さんが、最優秀賞である「土光杯」を獲得いたしました!!

今年のテーマは「世界は女性の時代へ-私の提言」。
事前の論文審査を通過した12人が、日本人としての心構えや国家論など、さまざまな角度から熱弁をふるいました
これも文化会議を応援していただいています皆様のおかげです。誠にありがとうございます。
今後も、益々頑張ってまいりますので、宜しくお願いいたします。



『大学の使命』243号を発行しました。















書籍紹介

  
『沖縄戦跡・慰霊碑を巡る』三荻 祥著

アメリカの「日本本土侵攻」を断念させた壮絶な決戦場、沖縄。
この地に建てられている慰霊碑・塔を訪う人々のためのガイドブックです。

無数の沖縄戦慰霊碑の中から、特に各県や学徒隊の慰霊碑を中心に取り上げ、写真と碑文全文を掲載、簡単な解説を附しました。沖縄戦で活躍した人物、男女学徒隊などについてのコラム記事や、沖縄戦を学べる施設の紹介、沖縄戦Q&Aも収載!

来月の6月23日は沖縄戦終結の日です。それに合わせ、沖縄戦について、また、戦争と平和について考えるきっかけとして、本書を是非ご活用いただければと思います。





〈主な内容〉
◇熾烈な沖縄戦と慰霊碑建立の背景
◇国立沖縄戦没者墓苑、47都道府県出身戦没者の慰霊塔、男女学徒隊の慰霊塔の写真を掲載。
◇牛島満陸軍大将、大田実海軍中将、島田叡沖縄県知事、野田貞雄沖縄県立師範学校校長等についてコラム記事で紹介。
◇沖縄戦を学べる施設を紹介。
◇沖縄戦における軍と県民の関係など、様々な疑問に答えるQ&Aを巻末に収載。

定価 本体1,200円+税 (税込1,296円)
ISBN 978-4-905410-28-7
判型・頁数 A5判・130頁
発売 2014年3月7日



『大学の使命』243号◆巻頭論文 「日本を蝕む『敵の喪失』と『国際感覚の欠如』       ~ISIL日本人人質殺害事件をきっかけに考える~◆提  言 「女性として国に貢献する生き方を知って」◆活動報告 「長崎県にて天皇皇后両陛下をお迎えして」      「天皇皇后両陛下の慰霊の大御心を感じた広島奉迎活動」◆我が大学の風景 琉球大学

新着情報new     

平成27年2月18日   『大学の使命』243号を発刊しました。



訪問者数
今日 出会い
昨日 アクセスカウンター
合計 アクセスカウンター

copyright©20XX All Japan Student Culture Council all rights reserved.